マーケティングとブランドの話

外資系コミュニケーション会社でのブランド構築の実践・知識からマーケティングとブランド構築に関する豆知識を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2007年の運勢

新年明けましておめでとうございます。

さて2007年はいったいどんな年になるのか興味津々。
なんとなく、活動・行動の年になるような気がしています。

もともと占い好きではありますが、良いことしか信じない楽天的な性格ではあります。

今年も成長と成功、素晴らしい方々との出会いを信じて日々精進していきたいと思います。

どうぞよろしくおねがいいたします。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/03(水) 11:31:25|

素敵なクリスマス・プレゼント

私が学生時代には、友達たちと都内の高級ホテルのスイートルームを予約してお酒やパーティーフードを持ち込んでよく大騒ぎをしました。(ごめんなさい!もう時効ですね!!)

いつの頃からか、クリスマスは家族や友達たちと過ごすよりも、カップルのためのロマンティックな記念日となり、一人身には辛い年中行事になってきたような気がします。山下達郎さんの「クリスマス・イブ」の切ないメロディが胸に沁みるような。。。

クリスマス商戦でいうと、想い出に残っているのは、アイスクリーム・ケーキ!とチキンの丸焼き!そして、当然、赤い靴下形パッケージに入ったお菓子たち。

そして最近はやっぱり大切な恋人に贈るクリスマス・プレゼント。

プレゼントで嬉しいものは、限定品や生まれ年のワインなど、特別なものだと思いますが、やはり、一番嬉しいのは真心のこもった贈り物。

私が一番嬉しかったプレゼント、それは、あるクリスマスの日、箱を開けたらどこか見覚えのある淡い紫の素敵なセーター。そして、気づいたのです。「あ、このセーターは、いつかデートの途中で、私がショーウィンドウに飾られていたセーターを「あれ、素敵ね♪」って云ったものだわ。」そのことを思い出したとたん、とても感動しました。その素敵なセーターを頂いたことよりも、そんな私の何気ない一言を覚えていてくれた彼の気持ちがとても嬉しかったんです。

真心の込められたもの、それは何よりのプレゼント。

モノよりも気持ちが大切というのは、あながち嘘ではありません。

皆さんは今年、どんなプレゼントをいただきましたか?
  1. 2006/12/25(月) 18:09:49|

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。