FC2ブログ

マーケティングとブランドの話

外資系コミュニケーション会社でのブランド構築の実践・知識からマーケティングとブランド構築に関する豆知識を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホテル・結婚式場などのブランディングについて

マーケティングやブランディングは、クライアントさんの業界や状況によって、さまざまな課題があり、すべてがテーラーメイドの作業になるわけですが、最近、いくつかホテルや結婚式場などの業界でお仕事をさせていただいて気づいたことがあります。

ホテルや結婚式場の主なセリング・ポイントは施設(眺望や建物の魅力)と言われていますが、やはり、施設には賞味期限があって、なかなか長期戦略やブランド戦略の核となりにくく、ブランド資産になりにくい側面があります。

ひとつには、競合に優位性を持っていかれてしまうことが多い点、そして、リピート客に飽きられないほどの優れた施設便益は、殆ど無く、どうしても賞味期限がある、という点です。

以前、広告会社にいたときに、米国のディズニーランドのケース・スタディを学んだことがありました。

ディズニーランドでも、常に新しい施設やイベントを投入することで、リピート顧客を満足させなければならないので、なかなかに投資がかかるという課題をもっていたそうです。

リピート顧客のみに頼るのではなく、ディズニーランドに対して心理的に近くて遠い新規顧客の障壁を調査によって掘り起こし、その障壁をコミュニケーションによって解決することで、新しい施設をつくらずとも収益を伸ばすことが出来た事例でした。

例えば、休暇先を探しているご夫婦。イメージとして、ディズニーランドが高くて遠い、と思っている潜在顧客グループに対して、明確な価格訴求と旅行代理店とのコラボによる交通手段の訴求をしたり、

ディズニーランドは、家族で楽しむ場所という固定イメージを持ってしまっている潜在顧客グループに対して、恋人同士や大人のカップルでも、ロマンチックに過ごせるシーン訴求をしたり。

やはり、大切なことは、潜在顧客層のグルーピングと障壁の割り出しによる効果的なコミュニケーション戦略を持つことであるように思えました。

ブランドの核となる戦略を持ちながらも、各ターゲット・グループに対するポートフォリオ戦略(ポートフォリオ=品揃え)をしっかりと検討していくことが、効果的なマーケティングに繋がる事例です。


スポンサーサイト
  1. 2009/07/22(水) 17:27:26|
  2. マーケティングとブランド

☆2009年は本質を見極める年☆

新年あけましておめでとうございます。

今年はいよいよ新しい時代への突入であるとイエローイーグルは考えています。

不況と言われて、凄まじい変化が起こっておりますが、苦境こそチャンス!この状況で何をすべきかを明確に見抜き、行動していく事で、不況に巻き込まれずにビジネスを成長させていくことができると思います。

変化の時代、大切なのは、ファンダメンタルズの見直しではないでしょうか。

慣例や通例などが瓦解している昨今、「今まで通り」では何事も進捗しないでしょう。
それでは、何を見極め、どう判断し、どう行動していけば良いか?

混乱の時期に指針となるのは、常に、「コモンセンス(=常識)」なのです。
つまり、基本に立ち返る、ということ。お客様に何をどのように提供し、どう喜んで頂いているのか。改善の余地はないか。何をどのように改善していけば、顧客満足度は上がるのか?そのポイントをしっかりと検証していくことで、やるべき事は明確になっていきます。

昨年度、いくつかの日本企業さまとのお仕事を通じて実感したことがございます。

戦略や戦略に基づくアクションを計画していくに際し、必要なのは、「因数分解」の思考回路です。日本語的思考はまとめることに長けていますが、因数分解的思考には慣れていないようです。

何故、因数分解的思考が必要なのでしょうか?

それは、目的を達成する道筋を考え、計画していく際に、一つひとつのステップをより明確に計画することで実現化の具体的なイメージがはっきりとすることがひとつ、また、もう一つは、計画を具体的に因数分解的思考で明確にすることによって、チーム内でのコンセンサスが取り易くなるためです。

オグルヴィでは、バタフライ、と呼んでいましたが、戦略を立てる際、まず、多くの情報を収集し、それを因数分解的思考でパーツごとにコンセプト整理を行い、取捨択一し、方向性を一つに絞ります。プロジェクトのテーマになり得るコンセプトです。それを、今度は複数に彩りながら、多面的にマーケティングコミュニケーション(販促活動)を行っていきます。そうすることで、マーケティングリソースが一貫性をもって、一つに集約したコンセプトを現実化し、フォーカスされたコンセプトであるが故に消費者に届いていくのです。

間違いだらけの慣習的マーケティング思考では、たとえば、「テレビコマーシャルをつくらなくちゃ」とか、「毎年やっていることだから、そろそろイベントをやらなくちゃ」ということになりますが、あくまでもそれらは、物理的なコンタクトポイントであって、目的になってはいけません。目的は、そのコンタクトポイントを実施することで、何を達成するか、つまり、相手(消費者、見込み客、顧客、など)に何を伝達し、その後、どう行動してもらうか、(商品を買ってもらう、店に来てもらう、会員になってもらう、など)ということです。

不況による予算カットで、慣習的マーケティング思考から因数分解的マーケティング思考をされる方々が増える事で、より意味のあり、結果の出るマーケティング施策が実施されるようになると思います。

ポイントはファンダメンタルズ、コモンセンスによって、無理無駄ムラを低減していく、ということではないでしょうか。

誠実でやる気のあるマーケターの方々が成功する一年になりますね。素敵です。


テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/01/04(日) 15:00:05|
  2. マーケティングとブランド

ブランドマネージャー研修

先週の金曜日と土曜日の2日間、あるメーカーさんのブランドマネージャー研修で講師をさせていただきました。みなさま、お疲れ様でした。

1月の末に広告制作について、ということで、クリエイティブ戦略開発の重要性、クリエイティブ・ブリーフの作成についてお話をさせていただきました。

今回は戦略的ターゲティングとメディア、コンタクト・ポイントについてお話をいたしました。

まる2日の講義・演習はずっと集中していなければならず、なかなかの重労働でしたが(笑)参加の皆様方とのディスカッションなど、とても楽しい時間でした。ありがとうございました。

最後の挨拶として、皆様方に特にお伝えしたかったことは、�マーケティングの目的→マーケティング・プランニング→実施→成果の確認(うまくいった施策・うまく行かなかった施策とその理由の検証)→成果の検証で得たことを踏まえた目的設定、プランニングというプロセスを持つことの重要さ、特に、プランニングのときに、「通例だから。」などではなく、「何故その施策が有効だと考えるか」の理由に納得していただきたい、ということと、マーケティング施策を実施した後には、必ず、何がうまくいって、何がうまくいかなかったかをしっかりとその理由を含め、検証すること。そして学んだこと、ナレッジを蓄積していくこと。そのことと、�代理店側から見て、「鋭い、手ごわい、熱心」と目されるブランドマネージャーになっていただくこと、そして、�代理店に対しては、信頼をして、期待をする、すなわち、「優れたアイディアやプランを持ってきてくれますよね!」という期待をかけること。人間は、期待されると、どうもそれに応えようとするのではないか、と思います。

今回の講義の準備のときに、いろいろな代理店での経験やそれに関わった数々の方々の顔を思い出しながら、とっても楽しく過ごさせていただきました☆懐かしかった?♪

講義を準備しながら、本当に自分はマーケティングや広告が好きなんだなぁ?!と再確認いたしました。

今回の講義がご参加の皆様方のすこしでもお役に立てれば、と願うものです☆

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/03/17(月) 15:46:29|
  2. マーケティングとブランド

コーポレイト・ブランディング

中小企業のクライアントさんにまず大切なブランディングとは、企業ブランディングのようです。競合他社と差別化をはかり、その企業の独自性、優位性を明確にし、しっかりと見込み客の皆様に知っていただくことが第一歩のように思えます。

企業ブランディングを構築する際、やはり重要なのが、ビジョンとミッションの定義、そして、クレド(社員の信条・行動規範)になります。

ビジョンとミッションが重要なのは皆様の認識にあるようです。ただ、危険なのは、ビジョン&ミッションが机上の空論になっていがちなことです。

ビジョンとミッションを運営していく鍵がクレドになります。

クレドで有名なのは言わずとしれたリッツカールトン社です。クレドについて毎朝ミーティングを行い、クレドを行動するための予算をとり、クレドを’生きた’行動規範としている企業です。

企業運営において過小評価されていることに、『コミュニケーション』があります。実務に追われて社内外のコミュニケーションがおざなりになることで、企業全体としての推進力が失われ、結果、方向性が失われてしまいます。

人的リソースと予算が限られている中小企業において、『コミュニケーション』は人体における血液の循環のように大切なものです。コミュニケーションによって、社員の意識が統一されて同じ方向にさえ向かっていれば、それなりの業績は現れるものだと思います。

まずは、ビジョンとミッションを明確にすること。そして、それを現実化するクレドを明確にし、実際にクレドを行動していく。そこから企業の芽が出て、大樹に伸びていくようです。

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/02/23(土) 10:55:45|
  2. マーケティングとブランド

ブランドづくり ? 顧客満足と企業のこだわり

ネットや携帯などパーソナルなコミュニケーション・ツールが拡大していく中で、企業が新しいサービスや新製品などを出すときにポイントとなるのが「思い切った絞込み」ではないかと思います。それが、特に中小個人事業の場合には、ターゲットや商品・サービスの特徴を絞り込まないと個性が曖昧で優位性の訴求が難しくなってしまうと思います。個性や優位性が曖昧のうちにマーケティング施策を実行しても、それはなかなか効果を発揮しないことになり、ROI(費用対効果)が見込めないことになります。

この不透明で変化の激しい時代に伸びている企業を見ていると、それは、圧倒的な個性であり、顧客満足への集中力と、企業のこだわりがあるかどうか、といったようなところではないでしょうか。

以前、CRM(カスタマー・リレーションシップ・マーケティング)のトップの方の講演を伺ったとき、「インターネットが浸透すると、広告手法は原初に戻る」といった主旨のことをおっしゃっていました。すなわち、対個人へのメディアが発達すると、広告の原初にあったような、チラシやポスターのように訴求対象が少人数化する、ということです。それは、つまり、少人数のターゲットグループへの訴求が可能になる、ニーズの細分化による特化したサービスや商品が増える可能性がある、ということだと思います。

CRMの考え方の根本は、個人のお客様への満足度を上げることによってリピート率を増加させる、ということにあります。また、そうした活動の中で、お客様とブランド(サービスや商品)の関係値を密にし、お客様をブランドのファンになってもらい、究極的にはサポーターになっていただいて、そのブランドを友人・知人に推奨していただくまでになっていただく、ということです。

思い切った絞込みによって、顧客満足を高め、お客様との絆を深めることによるブランドの伸長。このあたりに着眼して、マーケティング計画を立てていくと効果があがるように思います。
  1. 2007/09/11(火) 09:44:00|
  2. マーケティングとブランド
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。