FC2ブログ

マーケティングとブランドの話

外資系コミュニケーション会社でのブランド構築の実践・知識からマーケティングとブランド構築に関する豆知識を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

優れたマーケティングリーダーは兎に角人の言うことを聞く人たち

マーケティングの基本に「消費者の意見に誠実に耳を傾ける」というものがありますが、リーダーシップの基本能力・スキルのひとつにも、「人の意見をよく聞く」というのがあるように思います。

私がまだAEになりたてのころ、アカウント・ディレクターのミッシェルと社長のリチャードと3名で新製品のコンセプトについてディスカッションをしていました。いろんな可能性を探り、方向がわりとニッチな方に向いたときに、その商品の可能性を制限してしまいそうな危惧を感じた若輩者の自分が発言したとき、リチャードは考え深げに「ふ?む。」と一考しながら、「そうだな。」と若輩者の意見に耳を傾け検討し、考慮してくれました。

そのこと自体嬉しかったこともありますが、それはひいては自分のやる気に繋がったのです。

もし、多くの企業のように、上のものが下の意見を気にも留めず上の意見ばかりが通るような企業であれば、やる気のある社員はどこか他に転職してしまうでしょう。「聞いてもらえる」ことはそれ自体、大きな動機付け、やる気の基になるのです。

レオバーネットという会社は本当にOB・OGの仲の良い会社ですが、その基本にレオの企業理念があります。どこのどんなポジションやタイトルの社員であろうと、誠実に熱心に仕事をする人間を尊敬しない企業にはしない。そんな創始者の思いが互いを尊重し、上司が部下の言うことに真剣に耳を傾ける企業文化となったように思います。

すばらしい企業文化は人は変われど、脈々と受け継いで欲しいな、と思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/26(月) 01:13:12|
  2. 尊敬すべき諸先輩方のお話

Mr. No Problem

バーソン・マーステラに入社した当時のアジア・リージョナル・マネージャーのニックネームが「ミスター・ノー・プロブレム」でした。

PR会社というものは、それこそ上司達が"This place is just like a ZOO!!!"と叫んでいたほど事件や問題が次々に起こっていたものでしたが、そんな環境の中で、香港からたまに東京オフィスにやってきていた「ミスター・ノー・プロブレム」は常に冷静で、何か頼まれると、「ノー・プロブレム」と言っては、仕事をなんなくこなされていました。

彼の仕事の生産性というか、スピードは目をみはるものがありました。当時はまだPCがオフィスに導入され始めた時代で、彼は筆記でプレゼン資料のドラフトを起こし、自分がそのドラフトをタイプしたことがありましたが、タイプのほうが時間が掛かったくらいです!しかも、筆記で起こしたドラフトを彼はタイプした後で直すことはありませんでした。それも、本当に凄いことだと思います。

とにかく、カッコ良いというか、必殺仕事人というか。プロとはまさに彼のような人のことをいうのだと、社会人一年生の自分は思ったものです。高屋さんの座右の銘を教えていただいて、そのまま、「誠意」を自分の仕事上の指針とさせていただいたわけですが、「ミスター・ノー・プロブレム」を間近に見た自分は、将来の目標を「ミス・ノー・プロブレム」としたのでした。

仕事でどんなことを頼まれようが、「ノー・プロブレム!」といってこなしてしまうなんて、本当にスマートで素敵だと思ったものです。
  1. 2007/01/10(水) 23:36:06|
  2. 尊敬すべき諸先輩方のお話

Don't burn down your bridge.

とにかく外資系広告会社というところには個性的な方々が多いので、ときにはカオス的状況になったりもします。仕事に対して熱意があればあるほど社内会議はヒートアップします。時にはオーバーヒートをして殆ど喧嘩のような激しい状況になることもありました。

兎に角、クリエイティブであればあるほど、オリジナルで個性的、ということですから、それはそれは、個性対個性のぶつかりあいがあったのです。

そんな時、直属の上司だったヨハンナはよく冷静に、「Don't burn down your bridge.」などイギリスの諺を引用しながら、上手い人間関係の作り方を教えてくれました。曰く、「どんなことがあっても、人と繋がっていれば後々サポートしてくれたり助けてくれたりするものだから、決別してはいけないよね。」

なるほど。

後にイギリス人たちの洞察の深さに感動する場面を多々経験しましたが、この諺も意味深いな、と思いました。
  1. 2007/01/07(日) 16:48:44|
  2. 尊敬すべき諸先輩方のお話

上司から学べなかったことは一度もなかった

レオバーネットに勤めていたとき、その当時のクライアント、フィリップモリス社の社長さんはローパーさんでした。ローパーさんは明朗快活、気さくな方でどんな相手にも親近感を抱かせてくださるような人柄でした。

そんなローパーさんと当時のレオの社長、リチャードと他何名かとで呑みに行ったときの話です。ローパーさんが、『僕は今までいろんな上司についてきたが、何一つ学べなかった上司はなかった。僕の会社人生はとてもツイていたと思う。』とおっしゃいました。そのお話を伺って、もし、ローパーさんでなければ、『この上司からは何一つ学べることはない』と思われた方もあったのではないか、ローパーさんだからこそ、いろんな上司からいろんなことを学ばれたのではないか、と思いました。そういった姿勢をお持ちだったからこそ、社長職におつきになったのではないか、と思いました。

多くの尊敬すべき諸先輩方からとても素晴らしいことを学ばせていただき、本当に感謝しています。
  1. 2007/01/03(水) 22:26:51|
  2. 尊敬すべき諸先輩方のお話

ケネディの演説

女子大生ブームの最中に女子大生(オヤジギャルでもありましたが(笑))だったころ、某H堂の方々と合コンをしたことがありました。そこで出会ったロマンスグレーの紳士、西山さんにはPR会社に就職したときにUSの大学で使われていたPRの教科書をお贈りいただいたりと、とてもお世話になり、大変感謝しています。

ある時、会社や仕事に不平不満ばかり言っている生意気な自分に、西山さんは、『会社が自分に何をしてくれるかばかりではなく、自分が会社に何を出来るかを考えたらどう?』と言われ、今まで不平不満ばかり言っていた自分は深く恥じ入り、穴があったら入りたいくらいの気持ちでした。

それは、あの有名なケネディ大統領のスピーチで、『Ask not what your country can do for you but what you can do for your country.』であることに気づきました。

ケネディ大統領のスピーチをもじった台詞を悩める若い社員に何気に言えてしまうスマートさに感動しました。
  1. 2007/01/03(水) 22:08:30|
  2. 尊敬すべき諸先輩方のお話
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。