マーケティングとブランドの話

外資系コミュニケーション会社でのブランド構築の実践・知識からマーケティングとブランド構築に関する豆知識を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わからなかったら、聞けばいい。

マーケティングは結果を出すための行為ですが、結果を出すためにどうすれば良いか、それが悩み所なのだと思います。

優れた成果をあげている企業は、その殆どが非常に優秀な調査をしていると思います。P&G社もPM社もレオバーネットも調査に拘り、調査結果に基づいてそのマーケティング施策を行なっています。最たる例はやはりデイヴィッド・オグルヴィ氏だと思いますが、兎に角何でもリサーチを徹底的に行い、リサーチ結果に忠実に戦略を練り、実施されています。黒バックに白抜きの文字のメッセージよりも、白抜きに黒い文字の方がメッセージの伝達力が強いことなども調査されています。

レオバーネット時代の尊敬すべきとても優秀なプランナーの先輩も、『マーケティングの仕事でそんなに悩む必要はないわ。わからなかったら、兎に角、消費者の方々に聞けば良いのよ。』というのが口癖でした。

レオバーネットに勤務しているときには半年みっちり調査部でしごかれ、その後も、調査プロジェクトの多かったP&G社の担当を8年させていただいたことでマーケティングの基礎を勉強させていただいたととても感謝しています。

スポンサーサイト
  1. 2007/01/03(水) 22:41:55|
  2. マーケティングとブランド

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。