FC2ブログ

マーケティングとブランドの話

外資系コミュニケーション会社でのブランド構築の実践・知識からマーケティングとブランド構築に関する豆知識を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

売れる!メッセージ

大前提として、そこに問題意識への解決として、というのがありますが、恐らく商品・サービスの売り上げに一番貢献するメッセージに『数字』があります。

『○○%ボリュームアップ!』と謳ったマスカラは売り切れ続出で、当時のP&G社の社長をもってして、『こんなに効果のある広告は素晴らしい!私のポケットマネーを使ってでも、もっとこの広告を流そう!』と言われた程でした。

当時、アメリカがヨーロッパ人の旅行先として不振だった頃、オグルヴィ氏はヨーロッパ人旅行者がアメリカ旅行に割高感を持っていることが問題であることを調査で突き止め、『一週間で35ポンド』という広告キャンペーンを行い、20%ほど旅行者数を増加させたそうです。

数字をメッセージにするときには、調査結果の裏づけがなければなりませんが、もし、御社の商品やサービスに数字的なメッセージが発信できる可能性があれば、是非調査をして数字をメッセージにしてみてください。数字のメッセージは非常に浸透度が強くしかも速攻性があると思います。

スポンサーサイト
  1. 2007/01/03(水) 23:23:57|
  2. マーケティングとブランド

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。