FC2ブログ

マーケティングとブランドの話

外資系コミュニケーション会社でのブランド構築の実践・知識からマーケティングとブランド構築に関する豆知識を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Mr. No Problem

バーソン・マーステラに入社した当時のアジア・リージョナル・マネージャーのニックネームが「ミスター・ノー・プロブレム」でした。

PR会社というものは、それこそ上司達が"This place is just like a ZOO!!!"と叫んでいたほど事件や問題が次々に起こっていたものでしたが、そんな環境の中で、香港からたまに東京オフィスにやってきていた「ミスター・ノー・プロブレム」は常に冷静で、何か頼まれると、「ノー・プロブレム」と言っては、仕事をなんなくこなされていました。

彼の仕事の生産性というか、スピードは目をみはるものがありました。当時はまだPCがオフィスに導入され始めた時代で、彼は筆記でプレゼン資料のドラフトを起こし、自分がそのドラフトをタイプしたことがありましたが、タイプのほうが時間が掛かったくらいです!しかも、筆記で起こしたドラフトを彼はタイプした後で直すことはありませんでした。それも、本当に凄いことだと思います。

とにかく、カッコ良いというか、必殺仕事人というか。プロとはまさに彼のような人のことをいうのだと、社会人一年生の自分は思ったものです。高屋さんの座右の銘を教えていただいて、そのまま、「誠意」を自分の仕事上の指針とさせていただいたわけですが、「ミスター・ノー・プロブレム」を間近に見た自分は、将来の目標を「ミス・ノー・プロブレム」としたのでした。

仕事でどんなことを頼まれようが、「ノー・プロブレム!」といってこなしてしまうなんて、本当にスマートで素敵だと思ったものです。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/10(水) 23:36:06|
  2. 尊敬すべき諸先輩方のお話

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。