マーケティングとブランドの話

外資系コミュニケーション会社でのブランド構築の実践・知識からマーケティングとブランド構築に関する豆知識を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

強みを活かす!

人も商品も企業もマーケティングもビジネスの成功のために大切な考え方の一つに「強みを活かす!」ということがあると思います。

マーケティングの常套句に「うまく行っている地域に更に投資しビジネスを伸ばす」というのがあります。それは、ある意味「low hanging fruit(低い枝になっている果実)」であり、刈り入れが近いのです。

人を活かすときにも、それぞれの強み・長所を活かすキャスティング、適材適所の人事をすることで企業の生産率は3割以上上がると言われています。

商品化するときにもその発想が必要であることは「ウォークマン」の事例が教えてくれています。「ウォークマン」は当初、超小型の録音・再生機器の開発がテーマであったようですが、録音機能はあまりうまく行かず、ただ、再生機能が素晴らしく、開発に携わっていたスタッフがまだ開発中の製品で音楽を再生して愉しんでいたということです。それを井深氏が「再生機能のみの機器でも、開発スタッフがこれだけ愉しんでいるのだから売れる」と言って、録音機能をつけずに思い切って発売したという話をどこかで読んだように思います。

そう考えていくと、ビジネスで成功するためには、バランスのとれた平均点型、あるいは全方位満点型な思考ではなく、一点突破型、一点強み型思考であるかもしれない、と思います。

バランスのとれた平均点型思考の脆さは減点思考で、ある意味、ネガティブ思考に陥り易いことにあるのではないかと思います。

「強みを活かす」思考はポジティブ思考であり、現状の良さ・強みを活かす方法論を考えるということです。それは、まさに「low hanging fruit(低い木になっている果実)」であり、更なる投資も期間も要らないのですから、費用対効果を考えるにつけより効率的な発想なような気が致します。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/11(木) 00:36:17|
  2. マーケティング・シンキング

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。