マーケティングとブランドの話

外資系コミュニケーション会社でのブランド構築の実践・知識からマーケティングとブランド構築に関する豆知識を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マーケティングとは

マーケティングとは『売る』ことにまつわる全ての活動のことで、セオリー的には、『商品』『価格』『流通』『販促活動』『人材』の5つの領域での計画と実行を意味します。

昨今、『マーケティング』という言葉は市場に浸透し、よく使われている言葉になっていますが、本来の意味で『マーケティング』を理解なさっている方々は少ないような印象を受けます。

先日もクライアントさんにコンサルをさせていただいていたときに、『中小企業の勉強会に参加したときに、講師の方は”マーケティングとは市場調査のことです。”と言い切っていらっしゃいました。』とおっしゃっていました。ふむむむ。。。確かに市場調査や消費者調査はマーケティングの重要な要素ではありますが、全てでないことは実際にマーケティングに関わっているビジネスマンの方々であればお分りのことかと思います。

上述の定義のように、マーケティングとは多岐にわたる『売る』ことにまつわる活動ですので、その全貌を把握するのには時間と努力が必要なのだと思います。実際、コンサルを受けられたお客様も、『なかなか難しいですね。』とおっしゃられていますが、まずは、『出来ることから始める』ということで、多分大切なことは、『考え始める』『やり始める』ことを通してマーケティング・マインドに意識を向けられることではないでしょうか。

マーケティングは『売り上げを上げる為の投資』という側面もございます。ただ闇雲にチラシを配る、新聞広告を打つ、ポスティングをする、ということではなく、まずは、『商品の強み、優位性、セールスポイント』を明確に定義しながら、価格を適正にしていきながら、流通を考慮し、見込み客に届く適切な方法で見込み客の方が『なるほど。この商品は自分にぴったりだな。』と思わせるメッセージを発信していくことが大切かと思われます。

スポンサーサイト
  1. 2007/01/17(水) 13:06:23|
  2. マーケティングとブランド

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。