FC2ブログ

マーケティングとブランドの話

外資系コミュニケーション会社でのブランド構築の実践・知識からマーケティングとブランド構築に関する豆知識を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

売れる!ECサイトの創り方

最近ECサイトを立ち上げられるクライアント様が多いのでECサイトについて勉強をしてみました。そして、気づいたことは、やはり基本は変わらない、マーケティングのゴールデン・ルールはここでも有効なんだな、と思いました。

ゴールデン・ルール? お客様の声を大切にする。
ゴールデン・ルール? 誠実。丁寧。クイック・レスポンス。
ゴールデン・ルール? わかり易い商品説明。
ゴールデン・ルール? 充分な商品説明。ただし、お客様の知りたいこと、聞きたいことの説明。メーカー側の言いたいことの説明を長々発信するのは不適切。
ゴールデン・ルール? 個性。独自性。バーチャル店舗のアイデンティティーの確立。

最後のポイントについてですが、様々なECサイトのトップページを見ていて感じたことですが、『あ?、デパートや店舗の売り子さんの印象に良く似ているな。』と思いました。つまり、トップページからの受ける印象で、『この店舗は丁寧に対応してくれそう』とか、『この店舗はヤル気があるな』とか、『この店舗は安かろう、悪かろうって感じがするな。』などなど。最安値で勝負をするECサイトでない限り、やはり、お店の顔、信頼、印象などはとても重要な要素だと思います。

マーケティングのルールの一つに『2:8の原理』というものがあります。売り上げの約8割は、約2割のリピーター(お得意様)からくる、というものです。それは、ディズニーランドでもコカコーラでも分析・立証されていることのようです。

お客様を大切にしてリピーターになっていただく。その努力のファースト・ステップが店舗の顔であるトップページをいかにそのお店のお客様に対する価値を表現し、そのお店の顔を持つか、ということのような気が致します。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/17(水) 13:36:21|
  2. 『コツ』シリーズ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。