マーケティングとブランドの話

外資系コミュニケーション会社でのブランド構築の実践・知識からマーケティングとブランド構築に関する豆知識を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブランドづくりに大切なもの

家を建てるときに設計図が必要なように、ビジネスを始める前に事業計画書が必要なように、ブランドを作る前に必要なものはブランド戦略です。ブランド戦略というのは、設計図、いわばブランドの青写真のようなものです。

ブランドとはその企業や商品のイメージや認識の集積ですので、ブランドからどんなイメージやメッセージを発信していくのかをブランド戦略に則り、決定し実行していきます。

ブランド戦略では、�ターゲット、�訴求内容(ベネフィット&信頼の根拠)、�ブランドパーソナリティ、�ブランドソウル(そのブランドの絶対的存在価値・存在理由)をきっちりと詰めていきます。

ブランド戦略がきっちりと詰められ、焦点と一貫性を持っていれば、ブランドから発信されるイメージやメッセージの方向性が明確になり、それだけ伝わる、伝わり易いものになります。

ひとつ心に留めておかなければならないのは、ブランドはせめて20年、30年と存続していくものを目指して構築していくので、ブランド戦略では上位概念、つまり、トレンドや時流に乗る概念ではないもので定義されていかなければなりません。概念と表現要素、という目に見えないものの影響要因を検討し、整理して、しっかり考えられていくべきものなのです。





スポンサーサイト
  1. 2007/09/06(木) 20:42:21|
  2. マーケティングとブランド

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。