FC2ブログ

マーケティングとブランドの話

外資系コミュニケーション会社でのブランド構築の実践・知識からマーケティングとブランド構築に関する豆知識を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイディアを見失わない思考回路

マーケティングの企画会議をしているときに気づいたことがありました。多くの日本人の思考回路は『まとめていく』傾向が強いようです。そういえば、高校の現代国語の授業のときにも、『論旨をまとめる』といったような俯瞰から全体像を掴む思考方法は学ばされたような気がしますが、何かを発見し、明晰化していくような分析的思考方法については学ばなかったような気がします。

その企画会議では、さまざま意見が出され話し合われていたのですが、その会議をリードしていたファシリテーターがその様々な意見を統合、まとめ始めたことがありました。

様々な意見を統合・まとめていってしまうと、視点がぼやけてポイントが曖昧になり、それぞれの意見の強みがそぎ落とされてしまう場合が多々あります。

その問題を避けるためには、まず、分析的思考回路(それを自分では、”因数分解的思考”と勝手に呼んでいます)をもって、一つ一つの意見やアイディアの強み・弱みを把握し、その後で、ポイントを曖昧にしないように共通項をくくっていき、まとめて行くことが大切だと思っています。

マーケティングやビジネスの成功要因のひとつにどれくらい、ビジネスを成功に導くアイディアを出せるか、ということがあるかと思います。せっかく数多くの成功の種であるアイディアを出しても、その種から出る芽をつぶしてしまうような『まとめ型思考回路』には注意したいと思っています。



スポンサーサイト
  1. 2006/12/29(金) 19:44:11|
  2. マーケティング・シンキング

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。